12.21.2016

Biosphere 2

バイオスフィア2はアリゾナ州のオラクルにある建物で、砂漠のど真ん中にあります。


もともとの目的は、人間が密封空間に住むことができるのかを実験するものでした。ミニ地球を人工的に建物の中に作って、そこに住むことができれば、人間はいつか宇宙に住むことができるのでは。という考えから Biosphere2 が建てられました。


酸素も食べ物も全部自給自足でこの密閉空間の中で暮らす。


そんな実験が1991年から1993年までの2年間、この建物の中で行われました。8人の科学者たちが2年にわたって生活をしたこの建物。今は研究や実験のために使われています。見学者も受け入れていて、ツアー は解説付きで建物の中を案内してくれます。


私はチケットをオンラインで買って行きましたが、その場でも買えます。地球がバイオスフィア1で、このミニ地球がバイオスフィア2ということになります。


建物の中には熱帯雨林やビーチ、植物もたくさん育てられました。

熱帯雨林
砂漠
海とビーチだった所

これ全部建物の中にあります↑そして地下には圧力調整のために使われた肺もあります↓


ツアーの後は自分でいろいろ見て回れます。科学者たちが利用していたキッチンや、ベッドルームも見ることができます。料理は科学者たちが交代でしていたそうで。この実験は失敗に終わったという人もいますが、実験に参加した科学者たちはそうは思っていないようです。


どちらにしてもとっても興味深い空間でした。いつかこんな建物を宇宙空間に建てて
人間が住めるようになるのでしょうか。


ツーソンから車で30分くらいなので、機会があったら寄って見てください。