1.11.2017

二年目‼︎: ナースプラクティショナーのプログラム

月曜日からまた学校が始まりました


ナースプラクティショナーのプログラムも
二年目に突入‼︎

Kentuckysportsradio

最初のクラスは
Innovation in Technology and Information Access 🎉


ってよく分からないクラスの名前なんですが


シラバスを読んでみると
コンピューターとか色々なテクノロジーを使ったヘルスケアと
最先端の医療情報にどうやってアクセスするか
ということについて学ぶみたいです


医療機関では治療法や医療技術の新しい発見のために
常に実験やリサーチが行われています


ですが新しいことが発見されてから
実際に患者さんがその新しい治療などを受けるのに
平均で17年かかると言われています


今受けている治療が17年前の実験結果を元に施されていると思うと
ちょっと怖いですが 😨
実際はもっと古いものだったりします 😱


今週はそんな感じの記事とかを読んで
それについてもっとリサーチをして
それをクラスメートとシェアしたりします


私がちょっとリサーチしたのは Meperidine (Demerol) というお薬で
危ないお薬だと 1991年くらいから言われ続けているのですが
それからも鎮静剤に長く使われ続け
2008年のガイドライン (Conscious Sedation for GI procedures) にも
その危険について何も書かれていなかったということでした


うちの病院では6−7年前にプロトコールとして使用は禁止になったので
使い慣れていたドクターは薬剤師に文句言ったりしていましたね


自分がアップデートされていないのに.....
薬剤師さんたちも大変ですね 💧


しかも未だに Demerol を鎮静剤として使っている
Surgery Center とかあります 😅
1991 年から危険だと言われていたとすると
もう26年も経っているのですが.....


今夜はバーチャルクラスもあります
ちなみにバーチャルクラスは Adobe Connect を使って出席します

0 件のコメント: